第1研究会
 
第8回第1研究会(「災害時の専門家の役割と連携研究会」)の開催 
〜第1研究会は、現在「東京1極集中是正・疎開及び見做し仮設住宅」に関して研究をしています。
■日時:平成31年4月23日(火)18時〜20時を予定
■場所:司法書士会館9階ラウンジ
(〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
■内容:今回は、@イタリアの仮設住宅事情、ACCCRRC提言の執筆分担をメインに研究いたします。
皆様の振るってのご参加をお待ちしております。
-----------------------------------------
第7回第1研究会(「災害時の専門家の役割と連携研究会」)の開催 
〜第1研究会は、現在「東京1極集中是正・疎開及び見做し仮設住宅」に関して研究をしています。
■日時:平成31年3月22日(金)18時〜20時を予定
■場所:司法書士会館9階ラウンジ(〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
■内容:今回は、@所有者不明土地問題の解説、Aイタリアの仮設住宅事情をメインに研究いたします。
皆様の振るってのご参加をお待ちしております。
-----------------------------------------
第6回第1研究会(「災害時の専門家の役割と連携研究会」)の開催   
〜第1研究会は、「東京1極集中是正・疎開及び見做し仮設住宅」に関して研究をしています。
■日時:平成31年2月26日(火)18時〜20時を予定
■場所:司法書士会館9階ラウンジ( 東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
■主な内容:今回は、@CCRC(仕事をリタイアした人が元気なうちに地方に移住して活動的に暮らし、介護や医療が
      必要になっても同所で継続的にケアを受けられる拠点施設のこと」)制度と、災害支援への応用、
      A所有不明土地問題の解説をメインに考えています
☆皆様のご参加をお待ちしております。
-----------------------------------------
第4回第1研究会を以下の要領で開催いたしました。
〜第1研究会は、「東京1極集中是正・疎開及び見做し仮設住宅」に関して研究をしています。
■日時:平成30年12月19日(水)18時〜19時30分
■場所:司法書士会館5階第1会議室( 東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
■主な内容:東京都豊島区と埼玉県秩父市の「二地域居住」政策
報告者:佐藤 隆雄先生
 東京都豊島区と埼玉県秩父市は、都心の過密化と地方の人口減少というそれぞれの課題に対応するため、自治体間の交流を深めている。平日は都会で働き、週末は地方で過ごす「二地域居住」の環境を整える一方、豊島区から秩父市への移住を促進させる政策を通じて、両地域の活性化を目指す。(鈴木美帆)
 西武線で約80分でアクセスできる両自治体は、昭和58年に姉妹都市を締結。平成26年に民間団体に「消滅可能性都市」として指摘されて以来、関係をより深めた。秩父産の卵と豊島区内のレストランとのコラボ料理を企画したり、秩父市内での農業体験や秩父産木材を活用した木工教室などさまざまな事業を展開している。
 以上の他、共同研究や、岩手県大船渡市での復興支援活動報告や、墨田区復興支援組織での活動報告がなされました。
-----------------------------------------
第4回第1研究会を開催いたします。
第1研究会は、「東京1極集中是正・疎開及び見做し仮設住宅」に関して研究をしています。
■日時:平成30年12月19日(水)18時〜20時を予定
■場所:司法書士会館5階第1会議室(〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4番37号)
詳細はこちら